カテゴリー: 投資全般

暴落を待つという美しい姿勢。

今は株高だから下げたら買う、という姿勢には大変憧れます。ついポジションを持ちたくなるという誘惑に打ち克っているわけですから。
自分的には増配銘柄はなるべく年数を持った方がいい…ハズ。という理屈に従っているつもりですが、ふと自分の保有キャッシュが大変少ないことに気がつきました。MoneyForward上ではそこそこ…と言っても数パーセントですが…あるのですが、あの優秀なアプリは各所に散らばったキャッシュを合計してくれているばかりか、仮想通貨も現金として扱います(先進的!)。
先日ふいに「毎月積み立て投信の引き落としに加えて今月は旅行の費用の引き落としがあるけど大丈夫だっけ?」と不安になりました。結果としては大丈夫だったのですが、数日の間MoneyForwardから「引き落としに対して預金が足りない」というアラートがありました。

このキャッシュポジションでは、暴落があった際に米国株でも日本株でもいいのですが、買いに回れないという不安があります。そもそも社債がパーになるとか仕組み債がノックインするとかFXが強制決済されるとかCFDに追証がかかるとか(かかるのかな?)、暴落に際しては別の不安もあるのですが。…ちなみに一番痛いのは社債の発行元が倒産することです。
そこまで行かない「買い場」と思われる暴落を前にした場合…もうしばらく経つと、個人向け国債を売ることができるのですが…キャッシュがないというのは不安ですよね。ちょっと自分の収支について検討しなければなりません。

にほんブログ村 株ブログ 株日記(アフィリなし)へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中